Naoが書き倒す

25才学生が書き倒します

億万長者になれる確率について

 

億万長者になれる確率。

皆さんが誰しも思うこと億万長者になりたいって言うのは誰しも思うことだと思います。

その気持ち自体は良いことだと思いますし皆さん目指す事は大事だと思うのですが。

客観的に考えるっていうのは大事だと思います。

現実を教えると、今のままでは億万長者になる確率は0です。数字基づいた根拠のない精神論は嫌いなのでここで省かせていただきます。本質的に考えないといけないのです。

簡単に言えば億万長者になるにはやらないことを決めないといけないし、やってはいけないことが多いのです。

なぜなら億万長者になるためには、億万長者になってる人を知らないといけないしそのごく1部に入ろうとしてるわけなのでそのごく1部にしかなれないような人にならないといけないんです。例えば今普通に生活をして、水学校行ったり会社勤めしていて億万長者になれる確率客観的に考えてくださいどのくらいありますか?0ですよね?

若いうちはまだ可能性があるのですが歳をとればとるほど背負うものも増えてくるし、体力が減って可能性が減っていきます。

あだこうだ言い訳をしてる間にあっという間に人生終わってしまうんです。

まず億万長者になりたいとしたら、どのくらいのレベルの億万長者になりたいのかを決めるべきです資産で数千億なのか、数百10,000なのか数十億円なのか数億なのか数千10,000なのか。

まずこの下から3つなら可能性があります。もちろん今のままではダメですか授業起こせばそしていっぱつあてれば誰にでも目指す方の世話あります。ただ上位1番上の方を目指すならばこのままじゃだめですよね。普通にあってリスクを背負っても届かない可能性があるんです。下から3番目だと。努力の範囲んで目指す事は可能ですし再現性もあるので、そこまで難しい話はないです。就職をしてお金を貯めてその金をもとに投資を始めて数千枚の資産を築く事は正直難しい話はないです。数億数十億になると、少し違うやり方で自分で事業持たないと難しいかもしれないですね現実的に考えると。ただ授業を持ってある程度ノーハウを持って取り組めば不可能ではないです。ただそれよりも上を目指そうとなると例えば最近あったコインチェック事件あれは最後こそしくじったものの営業利益600億位で準備で400億としてもその5倍から10倍で得ることができたと思します。そうすると2,000億から4,000億です。なのでそれだけでコインチェックの社長の和田さんは億万長者になれるわけですよ。

つまりあの規模の会社を作って売却すればそのぐらいの資産を入れることができます。つまり組織化をして事業行う。また仮想通貨のような風明瞭な物にも投資してリスクを取っていかないと現実的には不可能に近いと思います。ただとは言え皆さんもまずは(億万長者になるためにはやらないこと無駄なことが今やってるって言う現実を見てください。その状況を変えない限り億万長者になる家とは不可能です。だから僕もやらないことを決めて会社に働くって言うことをまずやめます時間を作って勉強して資産を築いていく。これが1つの最高峰だと思いますそのできたお金を元手に事業することも可能です0

わからないことをやるのは父は皆さん不安ですし怖いと思います。ただリスクがあるからありたんがあるんです原理原則ですね。大きく勝とうと思うのならばときにはリスクを負わないといけないですし、全てを失う覚悟で挑まなければいけない時もあります。

それで初めて出れるのが元気なんですよ。

だから皆さんもただ思うだけではなく行動して行動するだけではなく考えてどこが現実的に億万長者になれる可能性があるのか今の従業員のままではほぼ100%無理と言っていいでしょう事業化大名になるか投資家にならなければ億万長者の道っていうのとされますさらにどのぐらいの着物億万長者になりたいのかよってものすごく1,000億規模の資産を持ちたいならば今その事業やってて果たして正解なのか後からやっても取り返しがつかないことがあるんですよなのでどこをゴールとして考えるのかっていうのも併せて考えていくべきだと思います。か